インフラ

【Cloud9】Jupyter Notebook環境をnumpy簡単にセットアップ

Cloud9上のJupyter Notebookで、numpyを使用する場合は、ライブラリのインストール作業が必要となります。インストールしないと、エラーが発生しますので、ご注意ください。

以下の方法で回避したのですが、同じようにはまる人のために、情報をまとめました。
https://twitter.com/milumuru/status/1240775027198328832?s=20

Cloud9を準備する

Cloud9というAmazon Web Services(AWS)のサービスを利用すれば、Pythonを独自に導入する必要がありません。しかしJupyter Notebookやnumpy等のライブラリは別途導入が必要です。

Cloud9へJupyter Notebook環境を導入

Cloud9ではPython2.7と3.6が導入されており、pipで導入するとpython2.7の方で使用され、正常に動作しませんでした。しかし今回はPython3系に導入するため、python3コマンドで問題なく導入でいました。pip3を実施したり、色々していたのですが、‥‥
※2020年3月20日時点

以下のコマンドで導入が可能です。
sudo python3 -m pip install jupyter
sudo python3 -m pip install numpy pandas

■jupyterを導入していない場合のエラー
jupyter notebook –ip 0.0.0.0 –port 8080 –no-browse

■numpyの導入していない場合のエラー

import numpy as np
x = np.arange(1, 5)
print(x)

【まとめ】Cloud9上のJupyter Notebookでnumpyを実施する場合でも導入が必要

最初はCloud9を利用するため、Jupyter Notebook・numpyのライブラリ導入が不要かと思っていたが、実際はライブラリの導入が必要だった。

また導入手順は簡単なはずが、python2環境への導入をしていたため、余計な手間がかかってしまった。
python2.7は2020年4月にはサポート終了するため、今後はPython3.X系のみを意識するので、問題ないです。

ABOUT ME
みるみる
みるみる
【日々人生をおもしろくするには!?】をモットーに生きてます。 30代中盤のIT企業に勤めるサラリーマンです。 『メンタル』:心理学や実生活で役立つこと。 『IT』:効率化やITを使った自動化・手間の削減 『ダイエット』:細マッチョを目指して、健康的に食事と運動を。