クラウド

AWSが学べるスクールのおすすめは、オンライン受講可能なRaiseTech!!

  • ITエンジニア未経験者がAWSのスクールで学び稼げるか?
  • AWSを勉強して本当に、エンジニアに転職できるか?
  • そもそもAWSは需要があるのか?

そんなことを思っておりませんでしょうか?

AWSスクールの「Raise Tech」は、

  • プログラミング「だけ」ではなく現場力が身に付く
  • 現役エンジニアによるプログラム未経験者でも挫折しない手厚いサポート
  • コースの受講後、就職・転職支援制度がある

 

上記の理由により、AWS学習が継続でき、クラウドエンジニアとして転職するための環境が整っております。

 

またクラウド(AWS)は今後ますます需要の拡大が予想されるため、人材不足となってきており、今からクラウド技術者となることは現代のとるべき戦略でしょう。

 

IT未経験者が、AWSのスクールで勉強して、稼げる?転職できるか?

あなたはIT未経験からAWSスクールで勉強して、本当にエンジニア転職が出来るのか?

と思っているでしょう。

あなたの悩みとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 働きながら、AWSの学習を継続することが出来るか?
  • AWSを勉強して本当に、エンジニアに転職できるか?
  • そもそもAWSは需要があるのか?

 

それぞれの不安を深堀していきます。

働きながら、AWSの学習を継続することが出来るか?

「AWSに限らず、IT学習における挫折理由の一番は、学習が続かないことです。」

  • あなたは仕事が忙しく、「勉強は明日にしようかな・・・」っと思い、勉強しない日が続く。
  • 急な用事が出来たため、学習が出来なかった。
  • いつのまにか、教材を開くことするしなくなってしまった。

勉強をしなくなることは今までの人生でもあったと思います。

仕事をしながら、学習を続けるためには、目標に向かって、継続的に努力する必要があります。

AWSを勉強して本当に、エンジニアに転職できるか?

「AWSスクールで4か月勉強して、エンジニアとして通用するレベルになるのか?」

あなたは数か月でエンジニアになれるのであれば、「みんなエンジニアになるのでは?」と思っているかもしれません。

そして4か月ぐらいの勉強では、スキルが上がらずに、辛く・単調な仕事が待っているのではと感じるでしょう。

そもそもAWSは需要があるのか?

「クラウド技術であるAWSは需要があるのか?」

クラウド技術は最近出てきた技術のため、AWSの需要があるのかという心配があるかもしれません。
IT技術は需要がないスキルを習得しても、転職先はあまりないですし、将来また違う技術を覚える必要があります。

 

AWSスクールで勉強するなら、「RaiseTech」がおすすめ!!

まずは「AWSとは何か?」ですが、

AWSとはみなさんが使っているECサイトのAmazonを動かすための、土台の仕組みとなります。Amazonでは、自社のECサイトを運営するために、クラウドサービスを利用しております。

そのクラウドサービスをユーザ向けに提供したものが、AWS(Amazon Web Service)となります。

 

クラウドサービスは他にもMicrosoftのAzureやGoogleのGCPがありますが、その中でも、AWSを勉強する理由としては、2019年の世界クラウドインフラ市場(支出額ベース)では、全体の32.3%で、世界で一番使用されているパブリッククラウドであるからです。

引用:ITmedia NEWS 19年のクラウドインフラ市場、AWSの首位揺るがず 世界シェアの約3割占める Azureが約2割で猛追

 

この記事で、紹介している「RaiseTech」はAWSのスクールとなります。

AWSスクール「RaiseTech」がおすすめされる3つの理由

AWSスクール「RaiseTech」はプログラミング「だけ」ではない現場力が身に付く

現在はプログラミングのほかにも、プログラミングを動かすための土台を勉強しておく必要があります。分かりやすく言うと、家でいう柱的な存在です。

 

RaiseTech」では、プログラミングのほかにも、プログラミングを動かすためのクラウド技術であるAWSを学ぶことができます。

 

また講師は現役エンジニアのみが講師となります。
そのため、現場の最前線で働いているエンジニアから学ぶことができ、現場で今、求められている技術を学ぶことができます。

現役エンジニアによるプログラム未経験者でも挫折しない手厚いサポート

IT学習における一番の敵は挫折となります。

RaiseTech」では、以下のサポートを提供しており、現役エンジニアの講師が分かりやすく教えていただけます。

  • 講師の滞在時間内は、いつでもチャットでの質問可能
  • 必要に応じて、マンツーマンでのビデオ通話
  • 状況に応じて補講も実施

コースの受講後、就職・転職支援制度がある

引用:経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

AWSを学んで本当に転職が可能かという点ですが、IT人材は現在、不足しております。
2030年には約79万人が、不足すると言われております。

そのため、人材不足はますます拡大するので、AWSスキルを上げ、転職することは時代にマッチした選択となります。

  • RaiseTech」の転職支援制度として、就職や転職をするまでは半永久的にサポートを実施
  • 他社利用との併用も可能。
  • ポートフォリオ、履歴書の添削。

AWSスクール「RaiseTech」がおすすめされる証拠

転職サポートの内容を記載しても、実際にクラウド企業に転職できていなければ、意味がありません。

しかし「RaiseTech」では卒業生から、SESではなく、クラウド企業や自社開発企業への転職に成功したという事例もあります。

そのため、AWSスクールで学んだことが、他社企業からも認められているという実績になります。

 

AWSスクール「RaiseTech」の具体的な活用方法

RaiseTech」でAWSを学ぶ際には、コースが2パターンあります。

AWSのみを勉強する場合は、AWS自動化コースをおすすめします。この機会にRuby on Railsを学びたい場合のみ、AWSフルコースを選択すればいいと思います。

AWS自動化コース infrastructure as codeと呼ばれるAWS自動化に専念するコース
AWSフルコース AWS自動化コースの内容に、Ruby on Railsの開発も含まれるコース

 

AWS自動化コース

AWS自動化コースでは、以下のスキルが学べます。

AWSのサービスに対する基本知識 EC2/S3/ELB/RDS/CloudWatch
AWS上でネットワークを構築する為の基本技術 VPC/セキュリティグループ/ネットワークACL
AWS上でのユーザ権限制御 IAM
Webアプリケーションを動かす為の環境構築と設計 AutoScaling/ElasticIP
infrastructure as code, CI/CD Amazon CLI/OpsWorks/
CloudFormation/Ansible/AWS CodeBuild(CI/CD)
Jenkins(CI/CD)
バージョン管理システムの知識と経験 Git / SVN
AWS環境の構築テスト ServerSpec

 

スケジュールは全8週間となり、スクールにしても珍しく、カリキュラムが公開されております。AWSの基本的なサービスと自動化からテストまで学習することができます。

少しでも興味を持ったら、AWSスクール「RaiseTech」を申し込む

AWSスクール「RaiseTech」に興味が出たら、さっそく申し込みをしましょう。「RaiseTech」では無料の説明会も開催しているため、いきなり授業を申し込むのは、抵抗があるが、AWSに興味が出たという場合は無料の説明かだけ参加して、市場動向等を確認するのもいいかと思います。

 

また「RaiseTech」には2週間のトライアル受講期間内に、あなた自身で解約手続きをすることにより、解約・返金をすることができます。

 

申し込みの流れとしては、以下の絵の通りとなります。サイトのフォームから申し込みを行い、その後に、メール案内が来るので、本申し込み・お支払いが終われば受講することができます。

ABOUT ME
みるみる
みるみる
【日々人生をおもしろくするには!?】をモットーに生きてます。 30代中盤のIT企業に勤めるサラリーマンです。 『メンタル』:心理学や実生活で役立つこと。 『IT』:効率化やITを使った自動化・手間の削減 『ダイエット』:細マッチョを目指して、健康的に食事と運動を。