インフラ

【高い?低い?】インフラエンジニアの平均年収はいくら?

  • インフラエンジニアになったら、年収ってどうなるの?
  • 未経験から、インフラエンジニアになったら、年収はどの程度もらえるか?

このようなお悩みはありませんでしょうか?
結論としては、インフラエンジニア平均年収は以下となります。

  • インフラエンジニアの平均年収は575万円
  • IT未経験者から転職すると、年収は約333 万円

 

またインフラエンジニアが年収をアップする施策についても、紹介させて頂きます。
具体的には、

  • 年収が高い企業への転職をする
  • 専門性の高いスキルを身に付ける
  • プロジェクトマネージャやコンサルにステップアップをする

について私が実践している方法も踏まえて紹介していきます。

インフラエンジニアの平均年収は575万円

インフラエンジニアには、基盤(サーバ回り)やネットワーク設計・構築をするエンジニアといった業種があります。

 

30代のインフラエンジニアの平均年収は以下となります。

職種 平均年収 最高年収 最低年収
基盤・インフラ 575万円 750 万円 450 万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 547万円 960万円 240万円
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系) 543万円 1100万円 300 万円

 

引用:リクナビnext 30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度

 

厚生労働省が公開している日本の全年齢でみたときの年収の中央値は、427万円のため、インフラエンジニアの給料が中央値よりも高くなっております。

引用:厚生労働省 2 所得の分布状況

インフラエンジニアで年収1000万円は可能か?

インフラエンジニアでは難しいため、専門スキルや経営的な知識を手に入れ、ステップアップすることにより、年収1000万円の職業に転職することも実現可能となります。

2020年度職種別モデル年収ランキングでは、ITエンジニアが、1位、5位、7位を占めております。その中で、インフラエンジニアの上位職種であるITアーキテクトがあります。

 

引用:マイナビ転職 2020年版 職種別 モデル年収平均ランキング

 

インフラエンジニアが未経験の場合の年収は約333万円

 

インフラエンジニア未経験から転職された場合の年収は約333万円となります。

理由としては、インフラエンジニア未経験のからの転職の場合は、基本的には、運用保守といった職業に就くことが多いです。
運用保守とはすでに本番でサービスが稼働している環境のめんどうをみる仕事となります。

基本的には、上位のエンジニアから指示を受けて、仕事をすることになります。
既に手順書が整備していたりするので、未経験者からでも入りやすい仕事となります。

しかしその分給料は安くなります。

 

IT未経験者が、運用保守の職種に就いたからと言って、幻滅する必要はありません。
最初は覚えることが多いですが、IT業界は経験が重要となります。

 

一度、未経験から経験者になってしまえば、あとは自分の実力ややる気次第で年収を上げることが可能となります。

インフラエンジニアが年収を上げるための3つの方法

インフラエンジニアが年収を上げるための方法を紹介します。

年収が高い企業への転職をする

一つは年収が高い企業へ入ることです。
理由としては、IT業界はIT土方と言われる構造となっております。

そのため、より上位の設計に近い仕事をすることにより、給料が上がります。
逆に運用・保守といった仕事は下位の仕事となるため、給料の上がり幅に限界があります。

専門性の高いスキルを身に付ける

「インフラエンジニアは何といても、スキルが重要」

エンジニアはスキルが大事です。
会社だけではその分野で有数の人材になれれば、一目置かれます。

またスキルが高く、あなたが会社にとって代わることができない存在であれば、
当然給料も上がりますし、貴重な人材となるため、重宝されます。

これは知り合いの話にはなりますが、会社で出来ないことを出来過ぎるので、
上司からもいなくなることをビビらされすぎて、自由気ままに、会社をふらふらしたり、
自由に技術を突き詰めているという人がおります。

そこまでなることは難しいですが、まずは目の前の案件をこなせるような技術を付けることが大事となります。

コミュニケーション能力を身につけ、マネージメントも実施する

「スキル以外のスキルである。ヒューマンスキルも大事」

実は、インフラエンジニアはスキルだけではなく、ヒューマンスキルが求められます。
会社での立場が上がるにつれて、部下や協力会社等の管理やお客様との折衝をする必要が出てきます。

その時には技術を知っていることもさることながら、ヒューマンスキルが求められる機会があります。

プロジェクトマネージャやコンサルにステップアップをする

「年収アップ戦略!!上位職種に転向する」

インフラエンジニアの平均給料は○○万円ですが、他の職種に転向すると平均年収が上がります。またキャリアパスとしても、インフラエンジニアから、コンサルやプロジェクトマネージャー・ITアーキテクトの職種に転向することも可能です。

インフラエンジニアを実施していると、少なくとも、納期管理や要員管理といった、
プロジェクトマネージャー的な動きもします。

転向するには、実績や実力が求められますが、それなりの経験を積めば、実施も可能となります。

未経験からインフラエンジニアになるには?

ここまでで、インフラエンジニアの魅力を伝えさせて頂きました。
IT未経験者がインフラエンジニアになる方法を紹介させて頂きます。

【実務優先】インフラエンジニアに転職する

エンジニアは何といっても、実務が優先となります。
未経験では、転職する企業は少ないですが、一度経験を積んでしまえば、実力次第で転職できる幅が広がります。

インフラエンジニアのおすすめの転職エージェントは以下となります。

【迷ったらココ】インフラエンジニアへなりたい人へ!!おすすめの転職エージェント3選 そのようなことはありませんでしょうか? インフラエンジニアに転職するなら、転職エージェントがおススメです。 転職には、転...

インフラエンジニアのスキルを独学で学び、転職する

インフラエンジニアで独学で転職するの場合は、資格を取得することをおすすめします。
経験がないが、少し勉強してから転職活動をしたいという方もいると思います。

その場合は以下の資格を取得することをおすすめします。
最近はクラウドを扱う機会が多いのと、インフラとして一般的に使用されているOSを理解することが
重要となります。

AWSソリューションアーキテクト-アソシエイト

LPIC level1

テキストで学ぶと挫折する可能性が高いので、動画で学べるudemyがおすすめです。

インフラエンジニアのスクールを卒業し、スキルをつけてから転職する

「何から勉強したらいいか分からない。勉強提供から勉強するための環境及び転職支援をしてほしい」

そんなあなたにおすすめなのが、インフラエンジニアのスクールです。
スクールでは、現役エンジニアがインフラエンジニアになるためのスキルや知識を教えてくれ、実践的な内容を学ぶことができます。
またスクールによっては、転職の支援も実施しているため、効率的に学んで転職したい場合におすすめです。

 

【現役11年インフラエンジニア】がおすすめするスクール3選!!! そんな悩みはありませんでしょうか? 本記事では、インフラエンジニア歴11年のみるみる(@milumuru)がインフラエンジ...

 

【まとめ】インフラエンジニアの平均年収

インフラエンジニアの平均年収は575万円
そして未経験から転職した場合の年収は約333万円

またインフラエンジニアはキャリアアップも可能で、スキルやマネジメントを身につけ、年収1000万円になる職種にキャリアアップすることも可能です。

 

IT未経験者の場合は、まずはIT企業での経験を積むことが重要となっております。スキルを持っており、ポートフォリオであなた自身をアピールできるならば別ですが、そのようなことは難しいでしょう。

 

そのため、まずはIT経験を積むことが重要となります。数年キャリアを積めば、次の段階へのキャリアのステップアップをすることも可能となります。キャリアステップアップについても誰かに相談することをおススメします。

私も相談して、悩みが解決をしましたので、おすすめの転職エージェントを紹介します。

 

【迷ったらココ】インフラエンジニアへなりたい人へ!!おすすめの転職エージェント3選 そのようなことはありませんでしょうか? インフラエンジニアに転職するなら、転職エージェントがおススメです。 転職には、転...
ABOUT ME
みるみる
みるみる
【日々人生をおもしろくするには!?】をモットーに生きてます。 30代中盤のIT企業に勤めるサラリーマンです。 『メンタル』:心理学や実生活で役立つこと。 『IT』:効率化やITを使った自動化・手間の削減 『ダイエット』:細マッチョを目指して、健康的に食事と運動を。